まつりばやし

LとMとNの話

見上げれば輝きは色あせず溢れていた

 

 

 

NEVERLANDに出口はない。

これはどうやら本当らしい。

 

NEWSのLIVE TOUR 2017がありました。

それはNEVERLANDというタイトルで。

我々はCDについた鍵を手にして、もしくはペンライトとなった鍵を手にして会場へと向かった。

しかしながらNEVERLANDの鍵は実はその物理的な鍵ではなかった。

NEVERLANDの鍵は、NEWSを愛する心なのである。そんな風にNEVERLANDのストーリーテラーであるミスターインポッシブルは言います。これはCDでも言っていた。そしてこの鍵を無くさないで持っていてねと、アルバムNEVERLANDでは告げられるのである。

 

私は今、NEVERLAND に行ってからこの鍵を手にしたという感覚が日に日に強くなっている。なんならひょっとしたら行く前はこの鍵を手にしていたかどうかすらあやしい。

 

 

NEWSというグループは、外野から見るとちょっといやかなりわかりにくいグループなようである。楽曲もたまに出すトンチキさからかNEWSの曲好きな人ってのは変わってるかもしれないと増田さんが言うくらいなのだけど、そういうことだけでなくて。なんかこう空気が伝わらない。ネタバレ厳禁(勿論これにはファンの中でも賛否あるが)な秘密主義で、いつのまにかひっそりとコンサートをしていてなんかよかった「らしい」みたいな。

 

面倒だから結論を言うと、NEWSって会って好きになる。前すきだったらもっと好きになる。当たり前か。

(え?会うじゃなくて見るじゃないの?と言っている人はそもそもNEWSに向かないかもだから念頭には置かない)

 

NEWSくんて会わないときよくわかんないんですよね、個々でちゃんとなんやかんややってて、スンッとしていて。NEWSで歌番組とか出てたらかわいいなー、なんだけど。かわいいなー。で。

 

なんかでもそれだけだと、私の見たことあるNEWSにだいぶ物足りないんです。

編集して切り貼りしたり、生放送の数分だったりで見るNEWSくんにはとても限界がある。もっているはずの心の鍵が揺らいでくる。

 

 

NEVERLANDがあって、よかった。

NEVERLANDにはNEWSくんが、重要なエレメンツの使者としてそこに立っていた。それぞれがそれぞれの役割を担っていて。かっこいい。圧巻の出で立ち。トンチキ? 何を言う無礼者、と持ってる剣ではらいのけられることでしょう。

王子様であった美しい恋にするよから数年経ち、もはや一国の覇者、世界の統治者のように出て来たオープニングは本当に素晴らしいものでした。

ひとたびステージが始まれば旗を振って民衆を集めたり、共に踊ったり。メインのステージから伸びる幅の広い花道は、自由と平等を表したような素敵な道でした。

そこではジュニアもファンも皆が同じ笑顔で踊る。

旗を振って~とさっき言ったのは加藤さんのソロです。伸びたクレーンで旗を振った時、私はそこにいのちの輝きみたいなのを感じました。

 

そしてそのあと、ここNEVERLANDにいる人たちが手にした鍵がキラキラと瞬いて、あらためてNEWSを好きでいることに歓びを感じたんです。

 

そんな崇高なNEVERLAND。ある日のMCは時に崇高なたい焼きの話になります。

ええ、たい焼きです。

頭から食べるか尻尾から食べるか。

それにかなりの時を費やします。

結構な早口で四人がめちゃめちゃしゃべります。あまり追いつけないし置いていかれます。だがそれがいい

 

NEWSくんのMC ははちゃめちゃであらすじがなく、時に即興でコントみたいになる。そして気づけばかたまっていたり、気づけば誰かがステージからログアウトしていたり、買いものかごを手にしていたりとても自由です。あのはちゃめちゃをテレビで全開にしているところを残念ながら見られません。尺が長すぎるのか。

 

彼らは正直であろうとするところが私は好きです。楽しい。悲しい。嬉しい。

水分が多くて湿っぽくて、(湿っぽいってのはクラウドのシゲの言葉から借りました)時に心配になるけれど、ひとから水分を取ったら何が残るんだろう。ひとは湿っぽいんだと思います。

完成されたアイドル、圧倒的なステージにあらわれる、四人の寄り添ったひととしての湿っぽい正直な姿を見たとき、私はまたこの人たちを愛していきたいなと思えます。それは別にNEWSにかぎったことではないかもしれないけれど。物語は不要、という人もいるでしょう。けれど私は文系だからかな、NEWSくんを読んじゃうし、そのときの筆者の感情とか考えて生きてきたから、湿っぽいところ、すきなんだ。

 

彼らにはNEWSの造り上げる空間が異空間でかっこよくて素晴らしい自負がある。そこに立つ自分達についてこい、って思ってる。

でもやっぱり来て驚いた顔が見たい。いつだって新鮮な気持ちで挑みたい。ただ正直にそう思っているからちょっぴり秘密主義なだけなんでしょう。

 

私はそういうところも好きです。

サプライズパーティーがバレちゃったらさみしいじゃん。知ってても知らないフリしたいじゃん。

 

 

そういう意味では、今回のセトリがUR not alone でしめられるのはアルバムを聴いたときから想像して、気づきつつも知らんフリをしていたところだったかもしれない。

NEWSくんはきっとこれをみんなで歌いたいだろうな、合唱してうるうるしたいのかな、って、私は少し思っていた。その時私の鍵はやや光が鈍っていたから、うーん泣ける映画、みたいな予定調和な感じはちょっとなあなんて思っていた。

 

ところが最初に行って、歌うよう促された時に、たった二行で感極まった。次の行で、声が震えて歌えなくなってしまった。その次もその次の次も、NEWSくんは歌うようにいうから、とにかくただ懸命に、ステージに立つNEWS四人の姿を目に入れながら、声を出した。

NEWSの歌はNEWSと共に歩んで完成する。

共に声を出すことで、NEWSのことも自分のきもちもやっとわかる。

 

この歌を歌っているときは毎回こんな状態だったんだけど、まあその間にも色々あって、この歌をより力強く、より声が届くように、より震えないように途切れないように歌おうとしている自分がいた。

この時声を震わせたのが何か、目が潤んだのが何か。メンバーがなぜあんな懸命だったのか、ドーム初日でなぜあんなに壊れそうに増田さんが歌っていたのか。正直、こうだから、なんて簡単に言えないしわからない。嬉しいとか悲しいとかそういうのではない。

 

ただもし言えるとしたら、NEWSが好きだから、という理由しかないんじゃないだろうか。

 

そこにいなかったNEWSのファン、残念ながら来られなかった人たちも、一度声を出して家で歌ってみてほしい。目の前には自分の好きなNEWSの映像を流しながら。そうしたら自ずと鍵が心にあらわれると思う。(それでも足りなければ、信頼できるNEWSともだちを呼ぼう。いなければツイッターでさがそう。)

私はそのくらいのパワーを感じた。オーラスに入っていないけれど、それがどんな合唱でどんな熱をもっていたかはなぜかなんとなくわかる。とおもっている。

 

 

鍵のない人にはわからないとおもう。鍵はなかったけど誘われて一緒に入った人にはわかったと思う。

もっと出来る限り入れる人を増やしたい、というメンバーの気持ちはわかる。

ほんとに入りたい人がまだ入れていないんだから、入る人をふやしたいし、たくさんのサプライズをもって、出迎えたいんだろう。だからちょっと秘密主義でも彼らのやさしさをくんでいたい。私が感じたように、驚いて喜んで、そっとその鍵を大事にしていくファンのために。

 

 

あなたはひとりじゃない。でしめて、リピートすると

いつかの憂いも全て 孤独もかきけすように

とサビが力強く流れるNEVERLAND。

 

つらいことを心に秘めたり、おおきな声ですきだと言えないとき、ひとは孤独になります。NEWSのメンバーもファンであるわたしたちもそんな風に、物理的にではなく精神的にひとりになってしまう時がある。そんな状態を、ひとり や 孤独 といっているのかもしれません。

 

だからUR not alone やNEVERLANDで胸がうたれ心が震える。大好きなNEWSや身近な人や友達を思い出す。その人たちに届けたくて私たちもNEWSも大きな声で歌っていたのではないか。手にした鍵を掲げたのではないか。それが出来る場所がNEVERLANDだった。その鍵は心に残ったから、終わってもNEVERLANDから抜け出せない。そんな風に思います。

 

 

 

 

 

 

随分とポエムになったことをお許しください。私は今回実はほんとうにつらかった。行くその日まで憂鬱だったし、行った後ですら担当のことを同じファンから笑われて、今だってショックでいる。私はそんなに貶し愛とか得意じゃない。こやまさんの涙は本当だしニャン太は毎回息をのんで私は聞いていた。意外と大好きだから、あまり心ないことを言わないでほしい。

 

 

だから逆に、担当をまたちゃんとしようと思っている。鍵を手にしたから。

 

あまり自分のことは言わないし、抱えているもの少し見せてもほとんどは心にしまってほほえむ慶ちゃんの闇。

大切なメンバーをつつみこんでかけよってだきしめる慶ちゃんの光。

 

私は闇にいきているほうで、時にそんな光をもっている慶ちゃんや、それをあたたかく包める同じ担当の人がわからない。

 

だけどNEVERLANDにいって、もっと光を信じようかなとおもえた。NEVERLANDの鍵はみんなキラキラ綺麗だったから。

そしてその光のなか上へ上へのぼっていく小山さんの顔が、やさしくてなきそうで眩しくて、その光がやっぱり好きだなと思った。

 

そしてもちろん、こやまさんが優しい顔をして両手で包みこんで、こやまさんが泣いたときにはやさしい顔でみてくれてそばにいてくれるNEWSのメンバーももちろん全員大好き。

 

 

私は小山さんとNEWSくんが大好きだ。

誰がなんといおうと。

 

 

 

プロフィールにまた書こうと思います。

小山担の文字。

 

これからもよろしくお願いします。